印鑑作成のポイント

印鑑の作成はネットでもできる

印鑑_R印鑑と一口に言っても、100円程度で買える三文判から、高級印材を使用した実印まで様々です。
通常の認め印は三文判でたりますから、印鑑を作成する場合は、実印や銀行印などを頼むことがほとんどでしょう。

実印や銀行印は、一旦登録してしまえばそれを使い続けることが多いため、長く使える印材で気に入った字体で作成する事が重要です。

以前のように街の印鑑専門店では、その店にある素材で印鑑を作成するため、印材も限られていました。
しかし、ネットのショップでは、好みの印材に好みの字体で刻印するという、バリエーションに富んだ印鑑作成が可能です。

印材も天然の素材から新しい素材まで多様な種類のものをあつかっています。
値段もリーズナブルなものから高級感あふれる価格帯まで様々です。

値段で金運が変わるようなことはないかもしれませんが、せっかくオーダーするのでしたら、長く使える飽きのこない良質の印鑑を作成するのがよいかもしれません。
また、字体も印相などにとらわれず、直感的に「これがいい」と思える字体で作成してみましょう。

さらに、長期保証がついたものもありますので、作成する際のチェックポイントになるでしょう。

よくあるリーズナブルな印鑑

印鑑と主婦ホームセンターや100円ショップなどの行きますと、出来合いの印鑑がずらりと並んだタワーのようなものを目にすることができます。
そのような印鑑を三文判と言います。

めずらしい名字の方ですとそういったところでご自分の名字を目にすることができないかもしれませんが、たとえば田中や鈴木といった該当する名字の方が多いものに関しては、ほぼ存在すると言っても過言ではありません。

しかしそのような印鑑は大量生産によるもので、世の中に流通している量もとても多くなります。
このためそれを実印にしてしまうと、重要な契約の際などでの危険性が高まるため、三文判で実印を作成するのは、不向きです。

印鑑なんて自分の名字がわかればそれでいいと思われる方もいるかもしれませんが、実印は法的にも重要なものなのですから、それを安価な印鑑で作成してしまうというのはあまりおすすめできません。

インターネットのハンコ屋さんは激安の印鑑から高級なものまで品揃えが幅広いのが特長です。

印鑑作成に使われる素材もさまざま

material7印鑑の作成に使う素材にも多くの種類があり、そういった素材のことを印材と言っています。
印材は、大きく分けると、木材系、角・牙系、金属・樹脂系に分けることができます。

木材系には、薩摩本柘、白檀(ビャクダン)などがあり、薩摩本柘は印材としての歴史も長く、印鑑の作成に使われています。
薩摩本柘は彫刻するのに向いた材質をしているため、印鑑だけではなく多くの加工製品の素材として使用されます。

角・牙系の印材には、牛角や黒水牛などがあります。
牛角の場合、色や模様の出方が物によって異なるため、その違いも素材の魅力のひとつと言えます。
黒水牛は美しい黒が特徴的な素材で、黒い印鑑を作成したいとお考えの方におすすめです。
また黒水牛は、朱肉馴染みにも優れているため、捺印がしやすいという特徴もあります。
このため実印や銀行印の素材としてとくに人気があります。

金属・樹脂系の印材には、チタンやカラーメタルなどがあります。
チタン製の印鑑は大変スタイリッシュな印象で、耐久性にも優れているためチタンで作成する方もかなり増えてきました。
重量感があるため捺印も鮮明に行っていただけます。
この他にも琥珀や水晶など様々な印材のものがあります。

印鑑の書体について

印鑑の彫刻で用いられる書体もさまざまです。
篆書体(てんしょたい)という書体は人気度も高く、秦の時代には公式書体としても使われていました。
文字の形が縦長なことなどが特徴です。

パスポートの表紙には日本国旅券という文字が書かれていますが、これは篆書体によって書かれています。
特徴的な字体であるため現代では読みにくい書体になっていますが、だからこそ偽装・盗用防止としても効果的です。

次に、印相体(いんそうたい)という書体について紹介します。これは上記の篆書体の派生書体です。
印相体で印鑑作成をした場合、印鑑の枠に文字が接します。これも印相体による印鑑の特徴と言えます。

その他にもさまざまな書体で印鑑を作成することができますが、中でも篆書体の人気が頭ひとつ抜けています。

(書体見本図はハンコヤドットコムより)

人生の節目と印鑑作成

_s人生の節目に印鑑を作成するというケースは実に多いものです。
たとえば、社会人になったのを記念して認印や銀行印を作成したり、結婚により名字が変わったため新しく認印を作ったりなどなど、さまざまなケースが考えられます。

普段なかなか印鑑を作成しようと思うことがないという方も多いでしょうから、このような節目に印鑑作成をするのはおすすめです。

印鑑を作成するにあたっては、手元に届くまでにどれくらいの日数がかかるのかにも着目しましょう。
人によっては、「○○日までに印鑑が必要」ということもあるでしょうし、それに間に合わなければ困ったことになってしまいます。

作成日数については、印鑑業者からも説明があるはずですし、業者によっては「最短○日で作成」などとアピールしていることもあるでしょう。

ネットで人気の印鑑作成業者の一覧

hankoya

ハンコヤドットコム
インターネット販売実績が最も多いのがここ。
格安のものから、高級なものまで幅広い品ぞろえで人気です。
平日12時までに注文すれば即日発送してくれるので、印鑑作成を急いでいる時にも重宝します。
様々な印材のものがありますが、特に人気なのはチタン
耐久性に優れている上に、見かけもクールなので幅広い年齢層に支持されています。
とにかく品揃えが怖ろしく豊富なので見ているだけでも飽きません。
アタリ(印鑑の上下の目印)の追加オプションでは、スワロフスキーや様々な宝石をつける事もできます。
10年保証にも対応しています。

>ハンコヤドットコムのサイトへ


hankomanハンコマン

ここもかなり安いので有名。
直接店舗を構えない事で経費を抑えているので、かなりの低価格。
印鑑の作成は完全な受注生産で、A級品のみを扱っているのも魅力。
即日発送、最短翌日から翌々日に届くスピードぶりです。
印影に関しては、納得いくまで何回でもプレビューできるので安心。個人用、法人用ともに充実しています。

>ハンコマンのサイトへ

印鑑ケースは自分のお好みで

astet印鑑作成においては、何かと決まりごとがあることも多いですが、印鑑ケースについてはもちろんお好みのもので結構です。

印鑑を新たに作成した際に印鑑ケースがセットになることもあるでしょうが、そういった印鑑ケースはだいたい渋くて昔ながらのものであることが多いです。
そのような印鑑ケースでは満足できないという場合は、後でお好みの印鑑ケースを購入してみるといいでしょう。
キャラクターものの印鑑ケースや可愛らしい印象の印鑑ケースなど、その種類はさまざまです。

またキレイに捺印するためには、捺印マットなどのアイテムもあると便利です。捺印マットと印鑑ケース、朱肉をセットで持っていれば、いつでもいい状態で捺印をすることができるでしょう。

会社で作成する印鑑の種類

印鑑には、個人で作成するものだけでなく、会社で作成する実印、銀行印、認印もあります。
会社の実印は、「代表者印」として法務局に届け出る必要があります。
重要な契約などで使用され、何度も作り替えることはできないため、耐久性があり、偽造されないものを作成しなければなりません。
高級材質で作成する事で、会社の印象も上品なものになります。
最近はチタンや琥珀などで作成するのも人気になっています。
会社の銀行印は、個人の銀行印同様、金融機関で口座を開際に押す他、小切手や手形を出す際にも必要です。
これも非常に大切なものなので偽造しにくいものを作成しましょう。
会社の認印は、実印や銀行印以外で会社の印鑑を押す必要がある場合や、書類に押す際など、幅広い場面で使用されています。

実印や銀行印を押す書類もあり、印鑑によって書類の重要性が分かります。
それぞれ用途にぴったりとあった印鑑を作成するようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ