アグニ

北海道産間伐材が使われたエコな印材

アグニもエコな印材のひとつであり、この生産には北海道産の間伐材が使われています。
間伐材でもある北海道産の真樺を薄く切っていき、そこにフェノール樹脂を真空含浸させていきます。
印材として適当な暑さになるまでそれを重ねていき、後は熱圧によって成形していきます。
このようにして作られた木材は、積層強化木と言われます。

見た目にもおしゃれなアグニ

アグニは環境への配慮に優れているというだけではんく、耐久性にも優れた木材です。
こういった特徴があるため、印材のほかにもドアノブや箸、ボタンといった幅広い用途があります。
さらに製造過程で高圧処理を施すことによって、割れや歪みといった変形も起こりにくくなっています。
そしてアグニは捺印性にも優れており、角や牙という捺印性に優れた素材にも負けないほどの捺印性を誇っています。
アグニはいわゆる合板というカテゴリの材質にはなりますが、天然木にも勝るとも劣らない耐久性を持っていますし、素材間でのバラつきも少ないため、業者ごとで印材の印象がガラリと変わるということもありません。
またアグニは、木目調のコントラストを備えた印材でもあります。
アグニならではの赤系の色味は見た目にも華やかです。

お求めやすさでは中間くらい

アグニを使った印鑑の場合、お求めやすさは真中くらいということで価格帯が非常に安いというわけではありません。
ですから場合によってはその点がネックとなりえるかもしれません。
なお耐久性や捺印性に関してはそれぞれ高評価を得ている印材ですので、捺印が苦手といった場合にも候補のひとつとしてアグニをお選びいただくといいでしょう。
またアグニはグリーン購入法適合商品でもありますから、日頃からそういった商品を積極的に購入したいという方にもおすすめです。
印鑑は頻繁に作るものではありませんから、アグニなどの印材も比較したうえで選んでいくといいのではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ