マンモス

希少性ではピカイチなマンモス

マンモスは厳しい気候環境であった氷河期時代を生きた生物であり、大きな体と長く太い牙を持っています。
そんな太古の昔に生きたマンモスの牙を印材として用いた印鑑も存在します。
ロシアやアラスカ、シベリアとちたエリアでマンモスの牙がたくさん発掘されているため、それを印材として利用することもできているのです。
たくさん発掘されたとは言え、マンモスの牙は希少性のある素材であることには変わりありません。
このためどうしても印鑑の値段が高くなってしまう傾向にあります。
マンモスの牙を用いた印鑑では、その点がネックと言えるでしょう。

乳白色が特徴のマンモスの牙

マンモスの牙は、まるで象牙のような乳白色をしています。
朱肉の付きの良さや使用感などに関しては、象牙にも引けを取りません。
朱肉の付きがよく耐久性にも優れたマンモスの牙を用いた印鑑は、実印の作成に適した素材と言えるでしょう。
お手入れをされる際には、マンモスの印鑑の場合は水洗いも可能となっています。
水洗いをした場合は、その後きちんと水気を取るということが大切になってきます。
さらには日陰干しやワックスがけも可能となっており、それらを施すことで長年ご使用いただいたとしても、新品のときのような輝きを得ることが可能になります。

マンモス印鑑のランク付け

印鑑業者によっては印材として用いるマンモスの牙に、極上・特選というようなランク付けを行っている場合があります。
もともと高価な素材であるマンモスの牙ですが、その中でも最高ランクのマンモスの牙であれば、それを印材として用いたということで満足感を得ることもできるかもしれません。
このマンモスの牙とよく比較されるのが象牙ですが、象牙と比較した場合、マンモスの牙ですとやや黄色みががった印象を感じます。
また多少シミもありますが、それでも一見すると象牙のような雰囲気をたたえる印材として人気を博しています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ