実印

重要な契約に不可欠な実印

法的効力のある実印は、印鑑登録を行って初めて実印として認められます。
印鑑登録が可能な印鑑には制限がないため、三文判でも実印にしようと思えばできます。
しかし実印とは生涯にわたって付きあっていくものになりますので、人生の節目で実印を作成するというパターンが多くなっています。
女性の場合、結婚により名字が変わることが多いため、結婚後に実印を作成するということが多くなっています。

実印作成にはどれくらいの時間が?

実印の場合、印鑑作成業者に出向いて作成するというケースが多くなっています。
このため実印作成には時間がかかるという印象が強いかもしれません。
しかしインターネット上で実印作成のお申込みをすることも可能になっているので、急ぎで実印を作成したいといった場合にはネット通販による実印作成も選択肢のひとつとしておすすめです。

またお急ぎの場合には、どれくらいで実印が完成するのかということもあらかじめ尋ねておくといいでしょう。

意外と知らない印鑑のサイズ

印鑑登録をする場合、印鑑登録が可能なサイズにも注目しましょう。
これは各市区町村によって異なるため、登録する各市区町村の印鑑のサイズをあらかじめ確認したうえで実印の作成の申し込みを行うといいでしょう。
割合で言うと、男性の場合は16.5mmが最も多くなっており、女性の場合は13.5mmが最も多くなっています。

この他、実印を作成する前にはどんな材質で作成するかということも決めておきましょう。
印鑑の場合、印材が固いほうが印材の値段も高いという傾向もあるため、その点も頭に入れておくといいかもしれません。

フルネームでの実印

個人の実印の場合、フルネームでの実印という選択肢も出てきます。
防犯上はフルネームでの実印のほうがおすすめなため、防犯をより意識したいという場合にはフルネームでの実印についてもご検討いただくといいでしょう。

実印作成の際には、このようなポイントに気をつけていきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ