彩樺

エコな印材として注目の彩樺(さいか)

彩樺は地球環境に配慮して考え出された印材として知られています。
北方の寒冷地にて産出するバーチ材・フェノールレジンを結合素材とし、それに対して高圧加熱処理を行っていきます。
これにより、通常の木材よりも強度が増し、さらには伸縮やひび割れという経年変化も少ないという特徴が備わります。
限りある資源のことを考えて考案された彩樺は、ただエコなだけというのではなく、一般の木材よりも硬度やキメに優れていることから、おすすめ印材のひとつとしてもよく挙げられています。

独特な木目も彩樺のポイント

彩樺は比較的木目がハッキリとした印材でもあり、それが風合いを感じさせます。
また明るめな茶系の色味をしていますので、無骨な印象を持たせたくない女性にもとくにおすすめできるでしょう。
彩樺の質感は、業者サイトの画像などでもご確認いただけます。
インターネットを通じて印鑑の注文を行う場合、印材を直接手にとって見ることができないのですが、画像をチェックすることでその辺の問題点もクリアにしていけるでしょう。
印材を特徴をよく知るためには、その印材を用いた印鑑の拡大画像などがあるといいです。

官公庁・環境関連企業団体推奨印材

彩樺は官公庁・環境関連企業団体推奨印材でもあります。
希少性のある印材も少ない中で、こうしたお墨付きをもらうのは彩樺の特徴の中でもより大きなものになってくるでしょう。
ずっと使い続けるものだからこそ、環境に配慮したものを選びたい、そう感じている方はぜひ彩樺という印材にご注目ください。
彩樺の場合、その生産家庭から印材としての希少性は低いことになりますので、希少性のある印鑑をとお考えの場合は適切ではないかもしれません。
しかしながら印材としての人気もじわじわ高まってきていますし、捺印性にも優れていることから、今後も彩樺は注目の印材として扱われることでしょう。
興味がある方は、ぜひ印材の候補として彩樺をご検討ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ