楓に使われる素材もいろいろ

楓と一口に言っても、その素材は北海道産の板谷楓であったり、カナダ産のハードメイプルであったりします。
それらを合法的な伐採や計画的な伐採によって採取し、それを小さくカットしていきます。
そのカット材に樹脂を浸透させていくことにより、重量感のある印材に仕上げることができます。
木の風合いに樹脂が加わることで、楓ならではというような飴色の印材になります。
飴色は温かみも感じさせますので、お好みに合わせてお選びいただくといいでしょう。
なお楓に関しても、環境に配慮したものが生産されていますので、楓もエコな印材のひとつと言えるのではないでしょうか。

端材が使用されている

楓という印材には端材が使用されており、そこに人体に無害な樹脂をプラスしていきます。
そういった特殊技術を盛り込むことで、優れた耐久性が実現されています。
このため歪みや割れなどが起こることも少なく、また耐久性が高いため印面が欠けにくいという特徴もあります。
このため印影も滑らかに出ていきますので、捺印性も高い印材であると言えるでしょう。
さらには楓には自然の風合いも活かされているため、まるで天然の素材をそのまま使用したかのような見た目になっています。
そのように風合いがいいため、楓は家具の素材としても選ばれています。
キレイな虎目模様が特徴のため、印材として活用したときにも上品さを感じ取ることができます。

実印や銀行印にも

楓を使って実印や銀行印というような、より重要性のある印鑑を作成することも可能です。
実印にはより高級な素材をとお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、とくにそういったこだわりがない場合、楓を気に入ったのであればそれで実印などの印鑑をお作りしてもいいでしょう。
楓は朱肉が付きやすいという特徴も持っているため、印影がハッキリせず悩んでいるといった場合にもおすすめです。
このような特徴がある楓の印鑑であれば、印鑑への苦手も克服できるかもしれません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ