法人の訂正印

何かと書類を作成することが多い場合に

仕事上何かと書類を作成することが多くなる方ですと、書き損じなどによって訂正印の使用が必要になることもあるでしょう。
訂正印なんて面倒と思われる方もいるかもしれませんが、訂正印があることで誰が訂正したのかということを示すことができますので、訂正印には便利な一面もあります。
訂正箇所には常に訂正印が必要ということではないですが、契約書や申請書といった文書の場合、訂正の証明のためにこの訂正印が必要になってきます。

訂正印の特徴はコンパクトであること

訂正印はその利用状況から、印鑑の形状がコンパクトに作られています。
印面がコンパクトなため、可読性が低い書体にしてしまうと、誰が訂正したのかを示すことが難しくなってしまいます。
このため訂正印には、可読性に優れた楷書体や古印体が選ばれることが多くなっています。
コンパクトな形状であるため、訂正印は印鑑ケースなどに保管しておかないとなくしてしまう可能性が高まります。
もし訂正印が必要になるシーンで訂正印がないと困ったことになってしまいますので、紛失には是非とも気をつけるようにしましょう。

訂正印は法人向けの印鑑のひとつ

訂正印は、個人でも使用するケースがあるかもしれませんが、個人で訂正印を持っているという方はあまりいないでしょう。
カテゴリとしては訂正印は法人印鑑のひとつになります。
ですから今度新たに会社を立ち上げるといった場合には、訂正印の作成についても考えていくといいでしょう。

訂正印は通販でもお申込みいただくことができます。
もし法人印鑑セットは頼んだけれども、訂正印までは頼まなかったという場合でも、通販であれば気軽にお申込みいただけます。
また訂正印には、押し方というものがあります。
ただ押せばいいというものでもないですから、そのあたりも意識していくといいのではないでしょうか。
訂正印はその形状ゆえ細くなるため、折らないようにも気をつけていきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ