法人の銀行印

法人用の銀行印

会社として取引をする際などに必要になる会社の銀行口座ですが、そういった口座を作成する場合にも会社の銀行印が必要になってきます。
預金の支払いを行ったり、小切手へ押印したりする際にも会社銀行印は必要になります。
個人での銀行印と同様、金銭が動く場合に使用することになるものですので、実印と同じように大切な印鑑であると考えなければならないでしょう。
また会社銀行印と会社実印が同じものであるケースもあるのですが、これも紛失などにおけるリスクを考慮した場合、別のものをお使いいただくのがおすすめです。
この会社銀行印の外枠には、会社名・商店名が彫刻され、内枠には銀行之印という文字が彫刻されることになります。

法人印鑑の3点セット

法人印鑑としては、会社実印(代表者印)・角印(社印)・会社銀行印の3つがセットで必要になってきます。
これら3つを一緒に作成するケースが多いですので、印鑑業者選びもじっくりと行っていきましょう。
セットで法人印鑑をお求めいただくことによって、セール価格が適用されることもあります。
会社設立で何かとお金がかかるといった場合、このようなお得なキャンペーンも活用していくといいでしょう。

会社銀行印の回文

会社銀行印には、回文と言われる要素もあります。
これは外枠にぐるりと彫刻される文字のことで、回文には法人名や団体名といった組織の名称が選ばれることが一般的です。
業者によって対応は異なるかもしれませんが、英文字だけを回文として彫刻することができる場合もありますので、もし必要であればその点も考慮しておくといいでしょう。

また銀行印では、中黒の有無も選択していくことになります。
中黒とは、「○○○○・○○○○」という部分の「・」に該当するものです。
会社銀行印の場合、この中黒は団体名の開始点として彫刻されることが一般的です。
中黒の有無で代表者印と銀行印とを区別するという方法もありますので、その点もご検討いただくといいでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ