認印

意外と知らない認印について

認印は、簡単に言えば印鑑登録をしていない印鑑を指します。
伝票や出勤簿といった印鑑が必要になるシーンでこの認印の出番はやってきます。
このため認印を持ち歩く方も多くなっています。
認印は使用頻度の高い印鑑のため捺印による責任もあまりないと思えるかもしれません。
しかし認印であっても捺印により実印に準じた責任が生じるため、その点には注意していかなければならないでしょう。

読みやすい書体で認印を作成しよう

認印に使われる書体として理想的なのは、楷書体などの読みやすい書体です。
それを名字の部分のみ縦一行で彫っていくというのが、認印の一般的なスタイルになります。
認印の場合、印材に関しては自由度が高いため、ゴム印などの素材であってもお作りすることができます。
また、認印に関しては作成数にも制限がないですから、たくさん必要であればその分お作りしても問題がありません。

認印は実印・銀行印にできるけれど

印鑑登録すれば認印でも実印や銀行印としてお使いいただくことができます。
しかしながらこうした印鑑の使い方には防犯上の問題が出てきますので、認印を実印や銀行印にするというのは避けたほうがいいでしょう。
認印は数ある印鑑の種類の中で、一番使用頻度が高くなるものです。
事務職をしている方であれば、とくにビジネスシーンでの出番も多いでしょうし、そうでなくても荷物の受け取りのサインに認印を使うということもあります。

こう考えると、認印というのはかなり日常的な印鑑だと言えるでしょう。

認印の大きさの目安

認印の場合、印鑑のサイズは男女ともに12mmとなっています。
認印をお作りになる際にサイズのことはあまり意識したことがないという方もいますが、こういった基準となるサイズがありますので、その点も意識してみるといいでしょう。
認印は使用頻度が高いですから、できれば長持ちするものを選ぶといいでしょう。
そうすれば買い替えの手間も省くことができます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ