銀行印

セキュリティ面も考えた銀行印を

口座開設にあたって必要になる印鑑、それが銀行印です。
このため大量生産されているような印鑑は銀行印としては適切ではなく、さらに印影が不鮮明な印鑑は照合で問題が出る可能性があるため避けなければなりません。
銀行印以上に重要と言える印鑑に実印がありますが、これと銀行印を同じものにするのは防犯上よくありません。
また通帳と一緒に銀行印を保管しておくことのないようにしてください。
さらに銀行印そのものを盗まれないように注意することはもちろん、印影も盗まれることがないようにしなければなりません。

銀行印の横彫りとは

横彫りというのは、一文字ずつ縦彫りにしたものを指します。
これは銀行印の作成でよく見られる彫り方になります。
銀行印を横彫りによって作ることで、認印と銀行印との区別がわかりやすくなります。
認印と間違えて銀行印を使用すると防犯上よくないですから、それを防ぐためにもこうした工夫がなされているのです。
また銀行印は、お金とつながりの深い印鑑ということもあって、縁起をかついで横彫りにするということもあります。
文字が横並びになっていることによって、安定しお金が貯まりやすいというような言い伝えがあるそうです。

銀行印は複数あるのが望ましい

銀行印はひとつあればいいとお考えの方もいますが、防犯上の観点からは銀行印を複数お作りして、金融機関ごとで使い分けるというのが理想的です。
銀行印ひとつで使い回した場合、もしもそれをなくせばそのときのダメージが大きくなってしまうおそれがあります。
それを避けるためにも、たとえば普段使いの口座と定期預金の口座とで銀行印を使い分けるというような工夫が必要になってきます。

ただそのように銀行印の本数が増えていくと、それを管理するのも大変ということがあります。
その場合は、銀行系や証券系、定期性預金といったジャンルごとで使い分け、さらにはそれぞれで印材も使い分けていけば、混同も防ぐことができるでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ