黒水牛

水牛の角から生まれる黒水牛の印鑑

黒水牛の印鑑に使われる水牛の角には、ベトナム産などの東南アジア産のものが使われています。
印材の他にも、ボタンや包丁の柄などの素材に利用されたり、アクセサリーの材料に使われたりしています。
黒水牛はその名の通り、光沢なる黒が美しい印材で、優れた耐久性も備えています。
威厳を感じさせるような黒の印鑑こそ、黒水牛ならではの魅力と言えるでしょう。

希少性の高い印材のひとつ

水牛の角を加工して作られる黒水牛の印材は、水牛の角が一本あればたくさん製造できるというものではありません。
芯持ち材にこだわれば、一本の角からはほんの少ししか印材を作り出すことができないため、それが希少性を高くさせている要因と言えます。
それほど希少性のある黒水牛を初めとした角・牙系の印材には、朱肉への馴染みがいいという特徴があります。
このため印影をくっきりとさせることができるため、毎回気持ちよく捺印をしていただくことができるでしょう。
このような特徴を持っているため、黒水牛は実印や銀行印のための印材としてもおすすめできます。
希少性はあるものの、角・牙系の印材の中ではリーズナブルなほうなので、その点も魅力と言えるでしょう。

上質な黒水牛印鑑の証とは

黒水牛印鑑の中で高級とされるのが芯持ち材を使ったものです。
そういった黒水牛印鑑の持ち手のトップには、針で突いたようなしるしが出ていますが、それが芯持ち材を使っているという証になります。
芯持ち材のような芯を持っている印材ですと、耐久性も高くなるため、より長くお使いいただけます。
黒水牛印鑑は芯持ち材のみとこだわることで、黒水牛印鑑の希少性も増します。
一本の角から採れる量が少なくなってしまいますが、これが黒水牛の良さを高めるやり方ですので、こうしたこだわり部分をアピールしている業者もあります。
黒水牛を使った印鑑は大人の品格をより感じられる見た目ですので、それも特徴のひとつと言えます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ