「用途別!印鑑作成の注意点」の記事一覧

法人の訂正印

何かと書類を作成することが多い場合に 仕事上何かと書類を作成することが多くなる方ですと、書き損じなどによって訂・・・

法人の割印

割印とは何か 割印は、原本と写しなどが存在する書類が元は一枚だったことを示すために押印するものです。 このため・・・

法人の認印

法人における認印 認印は使用頻度の高い印鑑であるため、携帯している方もいるほどですが、法人における認印にはどう・・・

角印

角印と社印は同じ 角印は、代表者印(会社実印)より若干大きく作られたもので、印面には会社名のみが彫られています・・・

法人の銀行印

法人用の銀行印 会社として取引をする際などに必要になる会社の銀行口座ですが、そういった口座を作成する場合にも会・・・

代表者印

会社の運営にも印鑑は欠かせない ビジネスシーンでも印鑑というものは重要な役割を担います。 そんな法人印鑑のひと・・・

蔵書印

蔵書印について 蔵書印は、書物の所蔵を明確化するために用いられるものです。 図書館の本でも、この蔵書印をみかけ・・・

落款印

実は使い道の広い落款印 落款印は、書や絵画、蔵書、魚拓などを作成した場合、署名にプラスする自身の作品としての証・・・

訂正印

訂正印とは 訂正印は帳簿・伝票といった書類への記入で誤りが生じた場合、それを訂正する際に利用することになる印鑑・・・

認印

意外と知らない認印について 認印は、簡単に言えば印鑑登録をしていない印鑑を指します。 伝票や出勤簿といった印鑑・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ