秀碩の工房

御陵印の製作も行ってきた秀碩の工房

hide秀碩の工房の代表作と言える印鑑には、第54代 仁明天皇御陵印、第66代 一条天皇/第73代 堀河天皇御陵印、第95代 花園天皇御陵印、元 内閣総理大臣 鈴木 善幸氏(故人)私印などが存在します。

これ以上ないと言える素晴らしい実績を持つ秀碩の工房は、他の工房とは一線を画すと言っても過言ではないでしょう。

上記の御陵印などの画像は、秀碩の工房のサイトでもご確認いただけます。

それを見ると、職人が持つ腕の素晴らしさもきっとおわかりいただけるのではないでしょうか。

秀碩の工房の製作工程

秀碩の工房のサイトでは、製作工程についても紹介されています。
第一ステップとして「印稿製作」があります。
これはいわゆる下書きなのですが、印稿製作はラフな下書きとは一線を画します。
極細の筆で仕上がりを創造しながら緻密に印稿を製作していきます。
そして印稿にも、秀碩の工房ならではのアレンジがあり、そのアレンジがいい味わいを印面へとプラスしています。
第二ステップは「荒彫り」となります。
なおこの荒彫りは印稿をご承認いただいてからの作業となります。
荒彫りの後は、第三ステップとして「仕上げ」が行われていきます。
説明するとこのように三つのステップにはなりますが、それぞれの工程はやはり熟練した技術を要するものとなります。

お客様の声もチェックできる

秀碩の工房のサイトでは、「お客様の声」もチェックできるようになっています。
そのお客様の声には、2014年○月ご注文の○○県○○市のN様というような情報も加えられ、丁寧な印象があります。
秀碩の工房の実績や技術に惚れ込んだと思えるような絶賛や感謝のコメントをいろいろと読むことができます。
秀碩の工房のようなところに印鑑製作を依頼するのは初めてという方にとっては、とくにこういったお客様の声も参考になるのではないでしょうか。
そういったお客様の声からは、本物を手にできた喜びが伝わってきます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ